鈴木 亜紀子

ACTIVITY

HOMESTAY

誰かのちいさな幸せのためにー、ひとつひとつ丁寧に使い手に寄り添うガラスづくり

専門学校でデザインを学び、地元・愛知でケーブルテレビの会社に就職。その後ガラスの世界の扉を叩いた鈴木さん。手に取ってくれた人の「幸せのワンピース(ひとつのつながり)」になれるような実用の器づくりに、日々、精を出しています。

 

今回は、そんな鈴木さんに、ガラスづくりに対する想い・こだわりや、ガラス作家になったきっかけなどについて伺いました。

 

——————————————————

幸せをつなぐ、「さいしょのさいしょの一歩」

—それでは、まず作品づくりへの想いやこだわりについて聞かせていただけますか?

 

私は、アートピースなどではなく、器をずっと作ってきました。私の器を手に取ってくれた人が、その存在によって、ちょっとでも幸せを感じてくれたらいいなって、そういう気持ちがあります。

 

このような幸せを、みんなで共有していけたらって、よく想像します。そんな世界をイメージしてみると、その先にはすごく豊かな広がりがあるんじゃないかなって。幸せな心はつながっていくと信じています。そして、私の作品が、そのあたたかい繋がりの、「さいしょのさいしょの一歩」になれたら嬉しいなって思うんです。

—そのために、作品づくりでは、鈴木さんの想いを込めたり、技術的な工夫を凝らしたりしているんですね。

 

まずは、雑に作るのだけはやめようと思っています。一作一作、丁寧に作って、その気持ちが伝わってくれればいいなって。丁寧に作れば、ものを通して、その想いが伝わると、そのことは信じたいですね

 

—なるほど。確かに、鈴木さんの作品を眺めていると、ひとつひとつ大切に作られたんだなと、あたたかい気持ちになります。では、その中でも、フォルムだったり色だったり、特にこだわっているところはありますか?

 

そうですね、作品を作る前に、「この作品から何を感じてほしい」とか、「どういう人に使ってほしい」とかをゆっくりとイメージしてから、制作に入るようにしています。

「人が使うことで成り立つもの」を大切にしたい

—それでは、実際に、作品を見せていただいていいですか?

 

はい、これがいつも作っているようなものです。葉っぱの模様が入っていますが、これは本物の葉っぱを使って葉脈の模様を写しています。

 

あと、食器の場合、お料理する方は、器の底をすごく気にされるんです。凹凸があると、載せたものが偏ってしまうので。私たちが思っているよりも、底の面の広さや安定感が重要視されます。ですので、料理人から見た、使いやすさにもこだわりたいと思っています。

 

—そのように、器の制作にこだわる理由というのは?

 

そもそも私は、美大などで勉強してこなかったので、やはり、「実用の道具」の方に意識が向いていて…。あたたかみのある工芸品の器や、作家さんの手によるデザイン性のある器なども好きなのですが、量産品・プロダクト商品などでも、すごく緻密に考えられていて、シャープなものもあります。そういったものも、好きですね。

 

私個人としては、アートピースよりも、「人が使うことで成り立つもの」の方が、表現しやすいなと感じています

 

「手に馴染む」なんて言葉がありますが、それには全部理由があるような気がしているんです。なんとなく、そのへんのことはふわっとしがちですけど、厳密に考えると、「なんで使いやすいのか」とか「なんでこの器ばかりをついつい使ってしまうのか」とか、ちゃんと理由があるはず。「ここの飲み口の角度がいい」とか、「ここの幅にお料理が盛りやすい」とか、使う人は、そういった感覚的な心地よさに、使う理由を見出しているのではないでしょうか。

 

そして、私たち作り手は、その使い手の感覚的な求めを、しっかり意識すべきだと思います

 

—それでは、ご自身で作られた器についても、使い手の声を聞いたり?

 

そうですね。販売する機会があったら、なるべくお客様とお話しして、たとえ購入されなくても、どういう器を好まれているかとか、お聞きするようにしていますね。

「クラフト×ガラス」の楽しさを、富山で存分に堪能中

—それでは次に、どうしてガラス作家になろうと思ったのか、聞かせていただけますか?

 

もともと専門学校でデザインの勉強だけはしていまして、就職は地元・愛知にあるケーブルテレビ。営業事務をしていました。学生の頃は、専門学校だったんですけど、デザインやものを作ることに対して、当時はあまり分かっていなくて。分かっていないまま、卒業しちゃいました。

 

家具づくりを専攻していたのですが、卒業後ももやもやしていて。それで、もう一度、家具づくりの学校に入り直そうと思ったんです。そこの学校のワークショップが半年に一回あって、何回か通っていました。

 

量産品のデザインのお仕事もやりがいがありますし、素敵だなと思うのですが、私は、自分の手で作った、クラフトのものがやりたいんだなって、そのワークショップに通うことで確認することができました。

 

はじめはその木工の学校に通うつもりだったのですが、途中で体験したガラスづくりが楽しくなっちゃって。本当に、ただそれだけで。そうして続けていたら、富山まで来ていたっていう(笑)。

—そこで富山を選ばれたのには、何か理由があったのですか?

 

ガラスを始めて、他県の工房などで働いたりはしていたのですが、富山っていろんな作家さんも来られますし、設備も整っていて、本当に恵まれた環境なんです。ガラス作家にとって、憧れというか。その前は石川の工房にいたので、憧れるとともに、身近な存在でもありました。

 

—富山はお酒や魚など、食の産品が豊かな土地ですが、その食文化にインスパイアされたことなどはありますか?

 

酒器についての企画に参加したことがあって、富山にはいろんな酒造メーカーさんがあり、いろんなお酒もあるので、そういった中で、お酒の器についてじっくり考える機会をいただきました

 

その経験を通して、器って、数ある物品の中でも、人との距離が近いものだなって感じました。器の種類にもよりますが、取り皿なら卓上に置いたまま、腕を伸ばす程度の距離感。お椀なら口元まで持ってきて、箸の長さの距離。そうしてみると、酒器って、一番体に近い器だと思うんです。手を添えて、口まで直接運びます。酔っ払ってきたら、ぐい飲みを離さず、おしゃべりしながら握り続けたりもしますよね(笑)。

 

体に一番近づく器だからこそ、作る際に気にすべき点も多いというか。持ち心地だとか、飲み口の形とか。また、機能的なことに偏って考えがちなんですが、酒の席にあって楽しい気持ちにしてくれる、というのも酒器の大切な役割なんじゃないかなと思っています

これから、歩んでいきたい道

—最後に、これからの目標や夢などありましたら、教えていただけますか?

 

そうですね。まずは、今やっていることの完成度を上げていきたいですね。例えば、ずっと葉っぱ模様の器づくりは行ってきているのですが、これは、銀箔で作っているんです。銀は酸化するので、しばらく経つと色味が変わってきます。一方、ガラスには経年変化はありません。なので、銀を使うとガラス作品に「変化」を内包できる。それが楽しいなって

 

でも、葉っぱ模様は綺麗なんですが、これは葉っぱが綺麗なおかげだという気持ちもちょっとあって(笑)、また違った模様を自分で生み出していきたいなって思っています。

 

—この黒地に葉っぱ模様の器ですが、これはガラスの表面に黒の塗料を塗っていたりするんですか?

いえ、この黒はガラスそのものの色です。器を整形し、熱い状態で銀箔をべろって貼り付けます。そうして、しっかり冷ましてから、翌日に葉っぱを貼ってマスキングし、サンドブラストで余分な銀を飛ばして模様を出しています。

 

—漆器的な美しさもありますよね。

 

そうですね。ガラスじゃないみたいって、よく言われます。

 

—誰かの幸せや、場の楽しさというものを大切にされている鈴木さんが、これから、技術の向上とともに、どんなガラス作品を生み出していかれるか、とても楽しみです。それでは、今回は本当にありがとうございました。

 

はい、こちらこそ、ありがとうございました!

 

 

———————————————

 

鈴木 亜紀子(すずき あきこ)

 

誰かのちいさな幸せのためにー、ひとつひとつ丁寧に使い手に寄り添うガラスづくり。

 

[所属]

富山ガラス工房

 

[略歴]

1977年 愛知県生まれ

1998年 東京デザイナー学院名古屋校プロダクトデザインコース卒業

2008年 能登島ガラス工房入社

2011年 瀬戸市新世紀工芸館入所

2014年 富山ガラス工房 体験スタッフ

2016年 富山ガラス工房 技術スタッフ

 

[出展歴]

2011年 夏の風鈴(FUTUROcafe+dining)、ガラスアート展(ギャラリーNOZU /グループ展)

2012年 初夏のガラス展(松坂屋名古屋店)

2013年 ガラスアート展(ギャラリーNOZU /グループ展)、なつの がらす(ギャラリーかわらばん家/グループ展)

2014年 鈴木亜紀子 がらすのうつわ展(ギャラリーかわらばん家)

2015年 日本のクラフトIN磐田(磐田市新造形創造館)

 

[受賞歴]

2011年 瀬戸市美術展 入選

2012年 ビアマグランカイ9 入選、第52回日本クラフト展 入選、第21回テーブルウエアフェスティバル 入選

2014年 第54回日本クラフト展 入選

2015年 工芸都市高岡クラフトコンペ 入選

2017年 工芸都市高岡クラフトコンペ 入選

  • プロフィール
仕事
ガラス作家
ホームステイの受入れ
受け入れ不可
性別
女性


PAGE TOP